異種管接合の追加について

異種管接合の内容をカスタマイズしている場合は、Rebro2013の設定を読み込まずに以下の方法で追加してください。
[配管]タブ-[材料の設定]ダイアログの[異種管接合]タブをクリックし、[追加]をクリックします。

 

[異種管接合の設定]ダイアログで、配管材料と接合の媒介継手を選択します。

 

[継手]の「…」をクリックし[継手の選択]ダイアログから接合する継手を選択します。

 

「一般配管用ステンレス鋼管」の接合方法について

Rebro2011で「ステンレス管+SU継手」、「ステンレス管+ナイスジョイント」、 「ステンレス管+モルコジョイント」、「ステンレス管+BKジョイント」の材料サブセットの内容をカスタマイズしている場合は、 Rebro2013の材料サブセットで上書きせずに以下の方法で接合方法を追加して下さい。
[配管]タブ-[材料の設定]ダイアログの[接合方法]をクリックし、[接合方法]ダイアログの[追加]をクリックします。

「接合方法」で、「ハウジング(グルーブ型)接合」を選択します。 「接続に用いる部材」の項目が自動的に設定されます。そのまま「OK」をクリックします。

同様に「接合方法」で「ハウジング(グルーブ型)接合(直管)」「ハウジング(リング型)接合」 「ハウジング(リング型)接合(直管)」を選択すると「接続に用いる部材」の項目が自動的に設定されます。 OKをクリックして追加します。