Rebro 2020 SP1 アップデートリリース

2020年5月28日(木) にリリースしましたRebro2020SP1について、主な新機能を当ページでご紹介いたします。

 

標準支持・耐震支持の作図

配管・ダクト・電気(3D)のルートに標準支持・耐震支持を配置できます。
支持配置時、インサートやUボルトの同時配置に対応しました。
部材の移動、変更、削除時に支持の間隔を表示して確認できます。

標準支持・耐震支持の作図

支持部材の鋼材サイズは、鋼材で支持する配管やダクト・ラック・ケーブルの重量情報から選定表を基に算出します。
※標準支持の支持間隔・選定表については、「建築工事標準仕様書(機械設備工事編) 平成31年版」、「建築工事標準仕様図(機械設備工事編) 平成31年版」、「建築工事標準仕様書(電気設備工事編)平成31年版」を、耐震支持の支持間隔・選定表については、「建築設備耐震設計・施工指針 2014年度」を参考に初期値を設定しています。

支持部材の選定表

 

 

[標準・耐震支持の確認] コマンドでは、支持しているルートが設定の[支持間隔]以内かを確認できます。支持部材への荷重に対し、鋼材サイズが設定の[選定表]条件を満たしているかを表示します。

[標準・耐震支持の確認] コマンドでは、支持しているルートが設定の[支持間隔]以内かを確認

 

標準支持・耐震支持部材の追加

  • 「ハンガー」のサイズを追加しました。
  • 「Uボルト」、「吊りバンド」に「スパイラルダクト用部材」を追加しました。

標準支持・耐震支持部材の追加

 

  • 「支持鋼材(壁)」、「吊り鋼材(梁)」、「竪管支持鋼材(壁)」、「竪管支持鋼材(床)」、「竪管支持鋼材(床・枠)」、「竪ダクト支持鋼材(壁)、「竪ダクト支持鋼材(床)」を追加しました。

    標準支持・耐震支持部材の追加

サイズ変更

[サイズ変更]コマンドの基準に、天端・下端・天端(保温含む)・下端(保温含む)を追加しました。
選択した基準の高さを維持してサイズ変更できます。

[サイズ変更]コマンドの基準 追加

 

用途ごとの保温厚

配管・ダクト入力時、保温を設定しての作図に対応しました。
[用途の設定]で、用途・サイズごとに保温厚を設定でき、ルート作図時、設定した保温厚で作図できます。

用途の設定

 

系統管理機能で「未対応」、「非対応」の非表示対応

系統管理機能で、「未設定」、「非対応」フォルダの非表示に対応しました。「未設定」、「非対応」にチェックした場合、系統管理パネルに未設定フォルダを表示します。

系統管理機能で「未対応」、「非対応」の非表示対応

 

機器ライブラリ(Stem)をユーザー部材に取り込み

機器ライブラリ(Stem)形式ファイルのユーザー部材読み込み、登録に対応しました。

機器ライブラリ(Stem)をユーザー部材に取り込み

 

 

アドイン利用(レンタル版)

レンタル版レブロ(アドインオプション無)で、[DK-BIM連携]、[ルミナスプランナー]、[Revit連携]のアドインが利用できるようになりました。

 

部材追加

(株)ブリヂストン製のポリブテン管・継手の追加をしました。

  • [PL ポリブテンパイプ – ブリヂストン]-[保温材付]にツインタイプ
  • [PLSC らく楽パイプ – ブリヂストン]-[コルゲート被覆管]の「ブルー」「ピンク」「ホワイト」
  • [プッシュマスター継手 – ブリヂストン] 継手98点

(株)ブリヂストン製のポリブテン管・継手の追加

ジャパン・エンヂニアリング(株)製 ハウジング形管継手の追加をしました。

  • [継手]-[ハウジング形管継手]-[ストロングジョイント]、[パワフルジョイント]、[スマイルジョイント]

ジャパン・エンヂニアリング製追加部材一例