株式会社レゴリスの「SpiderPlus® 」に、レブロで作図した制気口、ダンパー、VAV、CAV、ファン類、パッケージエアコン、ファンコイルユニット、空調機の位置情報や風量などの属性情報を専用のレブロリンクファイルとして出力することができます。

SpiderPlus® で表示するレブロ図面に対して、専用のレブロリンクファイルを読み込むことで、測定のポイントや設計風量などの情報を取り込むことができます。iPadでも同様に表示されます。

 

フロー

  1. レブロの[アドイン]タブで[新しい機能の追加]をクリックし、「SpiderPlus連携」をセットアップします。
  2. 追加された[SpiderPlus連携]コマンドの画面では、レブロ図面上の制気口、ダンパー、VAV、CAV、ファン類、パッケージエアコン、ファンコイルユニット、空調機が表示され、画面に従い[OK]すると、専用ファイル(*.RebroLinkToSpiderPlus)が作成されます。
  3. SpiderPlusのPC管理画面で、専用ファイルの出力に使用したレブロ図面を開きます。
  4. PC管理画面上の「風量測定リスト」から開くダイアログに、専用ファイル(*.RebroLinkToSpiderPlus)をエクスプローラーからドロップします。
  5. 図面の測定ポイントにマークが表示され、基準フロア、部屋名、ダクト用途記号(SAなど)・器具名称・機器番号・風量が取り込まれます。iPadでも同様に表示されます。

 

システム要件

  • Rebro® 2018 SP1(Rev.3)
    ※Rebro® 2018(Rev.2)以前のバージョンをご使用のお客様は、サポートまでお問い合わせください。

 

注意事項

SpiderPlus® に専用ファイル(*.RebroLinkToSpiderPlus)をインポートするためには、SpiderPlus® にオプションが必要です。

SpiderPlus® の詳細につきましては、株式会社レゴリスにお問い合わせください。

SpiderPlus® 株式会社レゴリスの登録商標です。SpiderPlus® について詳しくはこちらをご覧ください。