基本機能

 

Rebroの画面構成

①クイックアクセスツールバー
ショートカットキーで割り当てできるコマンドを自由にカスタマイズすることが可能です。位置はリボンの上下/左右が選択できます。

②リボン
作業目的や流れに沿ってコマンドが整理され状況に応じて自動的に切り替わります。

③ビュー
断面図や詳細図などはビューを用紙上に貼り付けて作成します。ビューは3Dモデルを表示する窓に相当します。

④パネル
プロパティ、レイヤー、系統管理、干渉検査、ライブラリ、部材検索、シミュレーション、HVACメジャー、ズーム画面の各種パネルを表示します。

⑤レイアウト
レブロのレイアウトは図面用紙一枚に相当します。1ファイルで整合性のとれた、複数の図面を登録できます。

⑥コンテキストメニュー
右クリックで状況に応じたコマンド選択が可能です。
作図している手元で作業を行えます。

⑦確認モード
系統管理、フロア、部屋、カスタムプロパティ、ゾーン、盤の管理範囲、防火区画の属性を色別化します。

 

基本操作のご紹介

レブロの画面まわりの説明、ハンドル、プロパティなどの機能を動画でご紹介します。

 

ハンドル操作

ハンドル機能により、コマンドを起動することなくダイレクトな編集が可能です。
移動や回転、ルート作図、図形の変形など、ハンドルをクリックするだけで簡単に編集できます。

 

 

アラウンドビュー

選択した部材を別ウィンドウであらゆる方向から確認できる作図補助機能です。 アラウンドビュー内で行った作図や編集の結果はリアルタイムでモデルに反映します。 アラウンドビューの表示状態はそのまま図面に貼付したり、印刷や画像として保存も可能です。
*2021/11 動画の内容を更新しました(音声が流れます)。

 

3Dモデルデータ(平断面連動)

一つのモデルデータから平面図や断面図などの各種図面を生成できます。平面・断面の整合性を常に確保した作図編集を行うことが可能です。一つの図面に修正を加えることで関連する図面が一括で変更され、リアルタイムに編集できます。任意角度から断面図を作成した場合も矛盾のない図面表現を実現します。

平面と断面の整合性の確保

一つの図面の修正は、断面図など関連するデータと連動し一括で反映。

任意角度の断面表示

 

レイヤー

「汎用」「建築」「設備」の分類を設け、コマンドに応じて自動で振り分けられます。自動の分類とは別に、独自にグループ分けすることも可能です。取り合いを調整した統合図から、レイヤーの表示/非表示により必要な図面(配管図・ダクト図・電気図)を作成できます。
*2021/11 動画を追加しました(音声が流れます)。

図面ごとの色分け

レイアウト(図面)単位で色、太さ、線種の変更が可能。
任意の配管やスリーブだけを着色、他の設備はグレーに設定し、図面を強調。

レイヤーのON/OFFの状態を登録

各レイヤーの表示、検索、印刷、塗り、レイアウト/ビュー用のデザインの状態を登録ができ、即座に切り替え。

 

外部参照

各フロアや空調・電気・衛生などの工事種別毎に作成した図面ファイルを参照し、統合モデルとして扱うことが可能です。
干渉検査や断面図生成、拾い集計にも対応しています。参照ファイルと統合し、1ファイルで受け渡しができます。
*2021/11 動画を追加しました(音声が流れます)。

同じファイル名の複数参照にも対応しています。
基準階の図面高さを変更する事で複数フロアに表示できます。

 

ビュー

赤い枠はモデル空間を覗く窓の役割です。視点方向(平面・正面)や、縮尺、レイヤーの表示を変えて表示できます。

四角形以外の形状にも対応しています。
図枠など、ビューから省きたい部分だけをカット。

余白の設定

建築や配管などの3D情報を非表示にし、寸法線やフロアライン、通り芯など2D情報を記載。

 

クリップ

モデルから表示する範囲を指定する機能です。モデル全体からワンフロアのみの表示や、シャフト部分を縦方向のみ切り出すことが可能です。