レブロの図面情報を株式会社レゴリスの「SpiderPlus® 」に受け渡し、風量測定情報、コンセント試験情報、幹線設備試験情報の連携が行えます。レブロで作図した測定対象の位置や風量などの属性を「SpiderPlus® 」で読み込みます。また、「SpiderPlus® 」で測定した情報をレブロで読み込み、プロパティに取り込むことができます。

 

フロー

セットアップ

  1. レブロの[アドイン]タブで[新しい機能の追加]をクリックし、「SpiderPlus連携」をインストールします。

レブロ → SpiderPlus®

  1. 追加したアドインから[SpiderPlusに出力]を行うと、コマンドの画面で出力する測定情報の種類を選択し、画面に従い[OK]すると、専用ファイル(*.RebroLinkToSpiderPlus)が作成されます。
  2. SpiderPlus®のPC管理画面で、専用ファイルを出力したレブロ図面を開きます。
  3. <風量測定の場合>
    PC管理画面上のメニュー「風量測定リスト」から開くダイアログに、専用ファイル(*.RebroLinkToSpiderPlus)をエクスプローラーからドロップします。
    <コンセント試験・幹線設備試験の場合>
    PC管理画面上のメニュー「測定」の「コンセント」/「盤」から開くダイアログに、専用ファイル(*.RebroLinkToSpiderPlus)をエクスプローラーからドロップします。
  4. <風量測定の場合>
    図面の測定ポイントにマークが表示され、基準フロア、部屋名、ダクト用途記号(SAなど)・器具名称・機器番号・風量が取り込まれます。
    <コンセント試験の場合>
    図面の測定ポイントにマークが表示され、基準フロア、部屋名、回路番号、電圧が取り込まれます。
    <幹線設備試験の場合>
    図面の測定ポイントにマークが表示されます。
    iPadでも同様に表示されます。

SpiderPlus® → レブロ

  1. <風量測定の場合>
    SpiderPlus®のPC管理画面上の「風量測定リスト」で[Rebroファイル出力]を行うと、専用ファイル(*.RebroLinkFromSpiderPlus)が作成されます。
    <コンセント試験・幹線設備試験の場合>
    SpiderPlus®のPC管理画面上の「測定」の「コンセント」/「盤」にある[Rebroにエクスポート]を行うと、専用ファイル(*.RebroLinkFromSpiderPlus)が作成されます。
  2. レブロのアドイン[SpiderPlusからの読み込み]コマンドで、専用ファイル(*.RebroLinkFromSpiderPlus)を開きます。
  3. コマンドの画面では、SpiderPlus® で測定した情報の取り込みについて設定します。[OK]すると、測定情報を取り込むことができます。

 

システム要件

    • Rebro® 2020
    • Rebro® 2018 SP1(Rev.4.2) ※風量測定のみ
      ※Rebro® 2018以前のバージョンをご使用のお客様は、サポートまでお問い合わせください。

 

注意事項

SpiderPlus® で専用ファイル(*.RebroLinkToSpiderPlus、*.RebroLinkFromSpiderPlus)のインポート、エクスポートを行うには、SpiderPlus® にオプションが必要です。

SpiderPlus® の詳細につきましては、株式会社レゴリスにお問い合わせください。

SpiderPlus® 株式会社レゴリスの登録商標です。SpiderPlus® について詳しくはこちらをご覧ください。