レブロはAR検査・点検アプリ「Pinspect」(株式会社エム・ソフト)とデータの受け渡しが可能(2021年4月リリース予定)となります。
レブロの属性情報を「Pinspect」に連携することで、区画貫通処理における撮影写真管理や、事務所での管理書類の出⼒作業に役立てます。

 

 

AR検査・点検アプリ「Pinspect」とは

「Pinspect」(ピンスペクト)は、検査・点検箇所をAR(拡張現実)で記録、可視化するアプリです。
対象箇所の3次元座標を取得し、デジタル付箋(ピン)としてARで可視化。写真やメモと⼀緒に保存することで、現場情報を図⾯やEXCEL形式のレポートとして出⼒することができます。
記録したピンは、クラウド経由で他のユーザーと共有することが可能です。

現場の空間にデジタル付箋(ピン)を表示

記録した3次元座標を基にピンの位置を図面に自動反映

 

Pinspect連携

レブロのBIMデータをエクスポートし、「Pinspect」のBIMオプションでインポート/エクスポートできます。

 

BIMデータをデジタル付箋で可視化

レブロからエクスポートしたデータをもとに「Pinspect」のAR空間に「ピン」を表示し、BIMオブジェクトの位置を可視化します。
ピンのタップで、現場にいながら詳細なBIMデータを閲覧することができます。
また、現場で撮影した電子黒板入りの写真や現場で追記したコメントをクラウド経由でレブロにインポートすることも可能です。

 

BIMデータを電子黒板に反映

「Pinspect」にインポートしたBIM情報は、AR上の電子黒板に自動的に反映されます。

 

 Pinspectの製品情報・お問い合わせはこちら 

 エム・ソフトのニュースリリースはこちら 

 

注意事項

「Pinspect」のBIM連携機能は、「Pinspect」のオプション機能として2021年4⽉に販売開始予定です。
Pinspect® の詳細につきましては、株式会社エム・ソフトにお問い合わせください。
Pinspect® 株式会社エム・ソフトの登録商標です。Pinspect® について詳しくはこちらをご覧ください。

 


※「Rebro」は株式会社NYKシステムズの登録商標です。その他の商品名は各社の商標または登録商標です。