2020年6月12日 – Rebro2020 SP1 (Rev.1.1) リリース

遊合形フランジの略号が出荷値に戻る不具合、支持金物を[部材の編集]でユーザー部材に変更できない不具合、表(データリンク)が貼られた図面が開けない不具合、表(データリンク)が貼られた図面を編集すると異常終了する不具合を修正しました。

差分インストーラーのダウンロードは、「ダウンロード」ページより行ってください。
バージョンアップのすべての内容は、「サポートページ」よりログインし「リリースノート」をご覧ください。

2020年6月3日 – Rebro2020 SP1 (Rev.1) リリース

Rebro2020SP1で変更しました遊合形フランジについて、折り返しの厚みを管材によらず一定とするか、管材に応じた厚みとするかを、[設定]-[一般]-[配管加工]-[加工代]-[管材によらず厚みを一定とする]のチェックで選択できるようにしました。
[設定]の[ファイルから読み込む]で、[一般]-[配管加工]-[加工代]のルーズフランジの値が出荷値に戻る不具合や[用途の設定]で用途を編集すると名称がシステム用途名に変わる不具合、[図面の初期値]-[電気 – 条数記号]-[材料]の「単位重量」の値が0(ゼロ)になる不具合を修正しました。

2020年5月28日 – Rebro2020 SP1 リリース

[標準・耐震支持の配置]で、配管・ダクト・電気(3D)のルートに対し、標準支持・耐震支持を配置する機能を追加しました。
他にも、「建築設備耐震設計・施工指針」の支持間隔でのインサートの自動配置、用途ごとの保温厚、系統管理の「未対応」「非対応」フォルダ非表示、機器ライブラリ(Stem)をユーザー部材へ変換して読み込み、標準・耐震支持部材の追加などの機能アップを行っています。

2020年5月7日 – Rebro2020 (Rev.5) リリース

Revit専用レブロリンク形式の[開く]や[読み込み]で、[設備属性化マッピング設定]の選択肢に水栓金具を複線部材に設定した単線記号が表示されない不具合や、[測定]や[平行線の作図]で寸法線の補助線が選択できない不具合、 [系統管理]パネルで、外部参照図面の分類が「対象要素」のレイヤーで絞り込めない不具合などを修正しました。

2020年4月6日 – Rebro2020 (Rev.4) リリース

[電気]-[回路番号の記入]で電気記号に設定されている種類を自動認識しない不具合や、[外部参照の設定]で「指定したビューの表現を参照する」を選択した場合、図面が表示されない不具合、[機器器具]の[非常用照明]を単線表示にすると、非常用ではなく一般用照明の表現になる不具合を修正しました。
[シミュレーション]-[圧力損失計算]で長方形直角合流、長方形直角合流(ホッパー)、長方形直角合流(直通)、長方形直角分岐(ホッパー)の抵抗係数の算出方法に誤りがありましたので、正しく算出するように修正しました。

2020年3月4日 – Rebro2020 (Rev.3) リリース

IFCZIP形式ファイルの[読み込み]と[保存]に対応しました。
[部材情報の保存]の保存項目に「機器番号」を追加しました。[部材情報の読み込み]で読み込むこともできます。
クイックアクセスツールバーの位置を左側、右側を選択して配置できるようにしました。
Rebro2020で[Rebro2018形式ファイルで保存]した図面を、Rebro2018で上書き保存後、再度Rebro2020で開くと単線の添字が維持されない不具合や、角ダクトからドン付け(ホッパー)で枝ダクトを取り出している場合、フランジ割りする際に[設定]-[ダクト]-[作図規則]の[枝取出し位置の距離]の値が反映されない不具合、[DXF/DWG形式で保存]で、外部参照図面のレイヤーの印刷状態が正しく出力されない不具合を修正しました。

2020年2月3日 – Rebro2020 (Rev.2) リリース

[竪管作図]で、プロパティ項目[サイズとルート]-[シャフト]属性を選択して作図できるようにしました。
[外部参照の設定]で図面に取り込んだファイルの「参照」を外し「削除」しても図面のファイル容量が減少しない不具合や、確認モードのカスタムプロパティで単線のルート部分に色が付かない不具合、[データリンク]の[表(データリンク)の更新]で表が更新されずに要素へのリンクが切れる不具合を修正しました。

2019年12月25日 – Rebro2020 (Rev.1.2) リリース

外部参照している図面に部屋やゾーンが多いと処理が遅くなる、寸法値が未入力の寸法線があると[DXF/DWG/JWW/BE-Bridge形式で保存]ができない、プロパティ項目[サイズとルート]-[高さ]から高さを変更すると異常終了する不具合を修正しました。

2019年12月17日 – Rebro2020 (Rev.1.1) リリース

Rebro2018の設定を引き継いだ時、[レイヤー一覧]で「外部参照」を選択すると異常終了する不具合を修正しました。

2019年12月17日 – Rebro2020 (Rev.1) リリース

フランジ付き弁類や継手の編集を行うと相フランジに変わる不具合、[高さ変更]で竪管にある弁類や継手を竪管上のチーズやエルボと同じ高さに変更すると異常終了する不具合を修正しました。

2019年12月17日 – Rebro2020 リリース

冷媒管や空調ドレン配管と機器器具を自動接続できるようにしました。
[盤の管理]で、幹線の追加をできるようにし、盤の繋がりをツリー表示しました。
[外部参照の設定]で、外部参照先の要素の基準フロアを変更できるようにしました。同じ図面を複数参照することもできます。
図面に配置している機器器具や弁類・継手類を一括置換できるようにしました。弁類・継手類は、[部材の編集]から置換できます。
CGシーンで全天球画像を背景に表示できるようにしました。これらの機能は「Rebro2020新機能」ページでご紹介しています。
※Rebro2018で(一社)buildingSMART Japan (旧:IAI日本)が定めるIFC検定(2017年度)に合格しています。

bsj_mvd2017_hibsj_mvd2017_hobsj_mvd2017_si

 

→その他バージョンのアップデート内容