Q. 複数枚の2D建築データを1つの図面に読み込みたい

A. 建築データごとに異なるビュー名のレイアウトを作成し、「ビュー専用」で読み込みます

 

1階と2階で異なる建築データを読み込む方法を説明します。

 

建築図を読み込む前に、建築データごとにレイアウトを作成します。レイアウトタブの上で右クリックし、[新規作成]を選択します。

[レイアウトの作成]ダイアログが開きます。[名前]でレイアウト名を入力し、「新しく用紙サイズを指定する」を選択して用紙サイズを指定します。 [ビュー]で「平面ビューを作成する」にチェックを入れます。縮尺を入力し、[名前]で読み込む建築データごとに異なるビュー名を入力します。

2階も同じ方法でレイアウトを追加します。レイアウトを切り替えると、名前の異なるビューが開かれています。

1階のレイアウトに切り替え、[ホーム]タブ-[DXF/DWG読み込み]で読み込む建築データ「1階平面図」を選択します。

[DWG形式の読み込み]ダイアログから[基本]タブの[ビュー]で「ビュー専用」を選択し、ビュー名「1階平面図」を指定して「OK」をクリックします。

2階のレイアウトに切り替え、[DXF/DWG読み込み]で「2階平面図」を選択し、[DWG形式の読み込み]で「ビュー専用」を選択し、ビュー名「2階平面図」を指定します。

読み込み後、ビュー名ごとに違う建築図が表示されます。

 

補足説明

ビュー名横▼より[原点]にチェックを入れると、現在原点位置の確認ができます。

読み込んだ2枚の建築図の原点が違う場合、その図面にルート作図などを行うと位置が合いません。位置を合わせるには、片方の図面を移動して原点を合わせます。

 

PDFダウンロード