Q. 大口径の鋼管で作図するには

A. 「STPY 配管用アーク溶接炭素鋼鋼管」を使用します

 

「STPY 配管用アーク溶接炭素鋼鋼管」で作図するには材料の設定を行います。
[配管]タブ-[材料の設定]でダイアログを表示しサブセット名の横の[追加]をクリックします。

[サブセット名の追加]ダイアログにサブセット名を記入し、「OK」をクリックします。

[配管、ダクトの選択]ダイアログの[鋼管]-「STPY配管用アーク溶接炭素鋼鋼管」を選択し、[OK]をクリックします。

継手を追加します。[使用する継手、ダクト局部]の「追加」を選択します。

[継手、ダクト局部の選択]-[鋼管用継手]-「溶接継手」を選択し、[OK]をクリックします。

[材料の設定]ダイアログの[OK]をクリックします。

[配管]タブ-[配管]コマンドで[材料]を作成した材料サブセットに切り替え作図します。

 

PDFダウンロード