Q. 外部参照先図面の内容を一部変更したい

A. 編集したい要素を選択し、外部参照図面を開きます

レブロ図面の外部参照図面の内容を変更したい場合、参照元で編集したい要素を選択して外部参照図面を開き、編集、更新することができます。

 

編集したい外部参照図面の要素を選択します。

 

コンテキストメニューから[参照先図面を開く]をクリックします。

外部参照図面が開きます。参照元図面で選択していた要素が[検索]パネルの検索結果に表示されます。
この図面で編集を行い、上書き保存をします。

 

[表示]タブ-[図面の切り替え]などで参照元図面に切り替え、コンテキストメニューから[参照先図面を更新する]を
クリックして更新します。(参照元図面で要素が選択されていない場合は、編集した外部参照図面の要素を選択し、コンテキストメニューを開きます。)

 

補足説明

外部参照図面の更新は、[ホーム]タブ-[外部参照の設定]で編集した図面を選択し、[更新]をクリックしても行うことができます。

また、外部参照元の図面を開き直すと、外部参照図面は自動更新されます。

 

補足説明

コンテキストメニューに[参照先図面を開く][参照先図面を更新する]が表示される参照先の図面はレブロ図面(*.reb)のみです。DWG/DXF/JWW図面は表示されません。

レブロ図面を参照しているが、[参照先図面を開く]がコンテキストメニューに表示されない場合や、[ホーム]タブ-[外部参照の設定]を開き、参照状態が「現在の図面に取り込み済み」になっている場合は、[図面の取り込み]が行われています。取り込み図面は編集できません。

取り込んでいる図面を編集したい場合は、[外部参照の設定]で、[解除]をクリックして図面の取り込みを解除し、参照先図面の保存フォルダを指定します。

元図面に取り込んだ外部参照図面が解除され、外部参照した図面を編集できるようになります。
[図面の取り込み]についての詳細は、テクニカルガイド「外部参照」をご参照ください。

 

PDFダウンロード