Q. Webアップデートができない

A1. 管理者権限のアカウントでログインしてください

A2. ユーザーアカウント制御で[許可]を選択してください

A3. プロキシサーバーを設定してください

A4. セキュリティソフトで通信を許可に設定してください

A5. URLフィルタリングで指定URLを許可してください

 

▼A1 管理者権限のアカウントでログインしてください

レブロは、管理者権限でないとアップデートすることができません。
管理者権限以外のアカウントでもWebアップデートのダイアログが起動し、画面を進めることはできますがアップデートは
できません。
管理者権限はコントロールパネルの「ユーザーアカウント」で「管理者」と表示されます。

 

▼A2 ユーザーアカウント制御で[許可]を選択してください

ユーザーアカウント制御が有効になっている場合、Webアップデート時に確認ダイアログ(RebroUpdate.exe)が表示されますので、
「許可(はい)」を選択してください。

▼A3 プロキシサーバーを設定してください

プロキシサーバーを導入されている場合、プロキシサーバーのアドレスをレブロに設定する必要があります。
[設定][一般]タブ-[アクティベーション・アップデート]-[通信設定]、またはアップデートダイアログ左下の[通信設定]
お使いのプロキシサーバーのアドレス、ポートを設定してください。

 

▼A4 セキュリティソフトで通信を許可に設定してください

お使いのセキュリティソフトにより設定方法は異なりますが、以下のプログラムの通信を許可することで、レブロのすべての機能を
正しくお使いいただくことができます。

・「レブロライセンス管理」プログラム
LicenseManager.exe、LicenseManagerMain.exe

・「レブロRebro2020」プログラム
Rebro.exe(統合版)、Rebro-E.exe(電気版)

・「レブロRebroUp」プログラム
RebroUp.exe

・「ルミナスプランナー」プログラム
LPBatch.exe

各セキュリティソフトについては、導入の手引きをご覧ください。

 

▼A5 URLフィルタリングで指定URLを許可してください

インターネットの通信にURLフィルタリングが設定されている場合、許可したURL以外への通信は遮断されます。
ソフトウェアライセンスの取得、返却、アクティベーション、Webアップデート、ログの送信は下記に記す当社サーバーへの通信が
必要ですので、解除してください。

https://license.rebro.jp
https://main.rebro.jp
https://rebro.jp
ttps://mgr.rebro.jp
ともにSSL通信(443ポート)

 

PDFダウンロード

▶「トラブルシューティング インストール・アップデートに関するトラブル」に戻る