Q. 詳細図のまわりに寸法線を書き込むスペースを作るには

A. [余白]を設定します

 

[余白]とは、ビューの周囲に寸法線や文字などのビュー専用要素を書き込むスペースを作るコマンドです。 余白に設定した範囲には配管、ダクトなどビュー共通要素や平面ビュー共通で読み込んだ建築図は表示されません。

以下では、平面図に[平面ビュー共通]で建築図を読み込み、作成した詳細図に余白を設定します。

 

詳細図用の平面ビューを作成すると、ビュー共通要素と平面ビュー共通要素が表示されます。

詳細図に余白を設定します。ビュー名横の「▼」より[余白](または[余白の編集])を左クリックすると、余白範囲をハンドル操作で指定することができます。
ビューと同じ位置にビューの余白編集ハンドル(白)が表示されますので、内側に移動します。

余白のスペースに引き出して、寸法線や文字を作図します。
赤い点線が余白範囲を示します。この線は、印刷されません。

 

補足説明

建築図を平面ビュー共通にするには、DXF/DWGファイルを読み込む時に「平面ビュー共通」を選択するか、読み込んだ後、要素を選択し、プロパティで変更します。

 

PDFダウンロード