新バージョンのRebro2020を 2019年12月17日(火) にリリース予定です。当ページにて実装する新機能の一部を紹介します。

 

掲載内容は随時、追加更新します。


2019/11/20   –   当ページ公開。機械設備、電気設備の機能を掲載しました。

2019/12/11   –   外部参照機能を掲載しました。 NEW


 

Rebro2020 新機能紹介セミナー 申し込み受付中

 

機械設備

自動接続

配置した室外機と室内機を冷媒管で自動接続。
冷媒を作図するルートを部屋情報で指定し、設定した作図ルールで接続。
BSユニットを経由した接続にも対応。

ドレン管の自動接続も対応。ドレンアップや勾配作図が可能。

 

 

勾配記号の表示

サイズ記入で「勾配記号」を挿入可能。

 

 

冷媒サイズの設定でアルファベット・数字の混合に対応

記号の種類として「アルファベット」「数字」「カタカナ」の、「A,B,C」「a,b,c」「1,2,3」「ア,イ,ウ」「イ,ロ,ハ」が選択可能。

[冷媒サイズの設定]のナンバリングを「自動」「手動」で設定。

 

単線記号から複線部材の選択

単線記号、電気単線記号の編集で、複線部材を割り当てる際、「部材一覧から選択」が可能。

 

 

用途記号の表示・非表示に対応

単線ルートに配置される用途記号を作図後に一括削除、リセットするコマンドを追加。

 

給湯用途記号の大きさ(小)を追加

用途の属性の略号に、給湯送り管(小)、給湯還り管(小)を追加。

 

 

竪管記号のヤリの色を用途の色に合わせる機能を追加

 

 

電気設備

盤の管理

幹線と盤のつながりを登録し、照明器具やコンセントなどに入力された負荷容量の情報から、全体の容量を把握。図面から回路番号の情報を取得し、盤の検討が可能。

 

 

ケーブルラック・電線管のサイズ計算に対応

ケーブルラック・電線管作図時に、ケーブル情報を登録し、ラックの幅・電線管サイズを計算。

 

 

配線管理コマンドで、ケーブルの経路を変更可能。

 

 

ケーブルの3D作図に対応

外径サイズを指定し、ケーブルや幹線の3D作図が可能。

 

 

電気部材の単線配置

機器器具のシステム部材、ユーザー部材配置時に「単線/複線」の切り替えが可能。

 

 

盤に接続する器具の範囲指定

盤に対して器具の範囲を空間で定義するコマンドを追加。

 

電気部材・配線の系統選択に対応

「系統選択」で、同じ回路番号の器具・配線の選択に対応。

 

 

「回路番号の設定」により、系統に対し一括で回路番号の変更が可能。

 

 

複数の配線を一括作図

電気配線コマンドの連続作図で、本数を指定した作図が可能。

 

 

複数の整列

電気配線のルート間隔を指定した整列が可能。

 

 

ユーザー部材の電気接続口に対応

ユーザー部材で作図した記号に、「配線」コマンド、「器具接続」コマンドで配線作図。

電気のユーザー部材の単線記号に接続口ハンドルを追加し、[ユーザー接続口の作図]および[単線記号用接続口の作図]コマンドに「電気用(3D)」、「電気配線」を追加。

 

 

高さを指定した配線作図

配線の高さを指定した作図に対応。

 

 

単線記号の複数添字に対応

電気単線記号に、複数の「添字」の登録が可能。

 

 

点滅区分の列表示

スイッチの列数に合わせて点滅区分の記入が可能。

 

 

自動スリーブ

電気用の自動スリーブの設定を追加。電線管、ケーブルラック、レースウェイ、ケーブルダクト、バスダクトに対し、スリーブの自動挿入が可能。

 

 

 

外部参照

同じファイル名の複数参照に対応

基準階図面を複数フロアに表示可能。

 

 

外部参照ファイルのグルーピング

外部参照ファイルをグループ化し、グループごとにレイヤーON/OFF可能。

 

指定した外部参照のビューの表示状態を取り込み

ユーザー部材の単線・複線表現、電気記号のオフセット、指定したビューのクリップ・レイヤーの表示状態を取り込み可能。

 

外部参照している要素の「サイズ記入」に対応

「サイズ記入」「名称記入」「属性記入」「機器番号の記入」「回路番号の記入」「竪管記号の記入」が外部参照でも可能。

 

Rebro2020 新機能紹介セミナー 申し込み受付中