ツール

 

標準支持・耐震支持の作図

配管・ダクト・電気(3D)のルートに標準支持・耐震支持を配置できます。支持配置時、インサートやUボルトの同時配置も可能です。
部材の移動、変更、削除時に支持の間隔を表示して確認できます。

支持部材の鋼材サイズは鋼材で支持する配管やダクト・ラック・ケーブルの重量情報から選定表を基に算出。

※標準支持の支持間隔・選定表は「建築工事標準仕様書(機械設備工事編) 平成31年版」、「建築工事標準仕様図(機械設備工事編) 平成31年版」、「建築工事標準仕様書(電気設備工事編)平成31年版」を、耐震支持の支持間隔・選定表については、「建築設備耐震設計・施工指針 2014年度」を参考に初期値を設定しています。

 

 

Excelデータリンク

機器表や発注書、電気負荷容量計算書、機器管理台帳など、Excel形式の情報とレブロのモデルデータの属性情報を相互に連携できます。
データリンクコマンドのセル指定により、書式の制限なく情報の入出力が可能です。


※特許取得済 「データリンク」特許第6770271号 

 

 

カスタムプロパティ

ユーザーが目的に合わせて自由にプロパティ項目を設定できます。
プロパティの値毎に図面やCG上で色分け表示が可能です。

ダンパーや弁類、電気配線など、任意の部材のカスタムプロパティにナンバリングが可能です。Excelのデータリンクと組み合わせることでバルブリスト等に利用できます。

活用例)弁へのナンバリング

 

 

梁貫通可能領域

梁の貫通可能領域を設定し、図面上で確認しながらスリーブの配置検討が可能です。
外部参照ファイルの梁に対しても梁貫通可能領域の配置に対応。スリーブ位置・サイズ・スリーブ間隔のチェック結果をリストや断面図に表示し、NG箇所の確認も容易です。

 
 

 

 

系統管理

「系統管理」パネルに図面上の機器・器具や配管・ダクト・ケーブルラックなどを自由に分類し、色分け表示できます。登録した系統は、Excel形式で保存可能です。
部材情報に追加されている項目表示、ナンバリング、負荷容量の合計表示にも対応しています。

 

活用例

用途ごとに材料を確認 系統管理の仕訳ルールでは「部材情報」や「すべてのプロパティ」を使用できます。

ダンパーの種類(FD、VDなど)を色分けし確認できます。

系統管理のプロパティで編集およびプロパティの合計値を表示します。


※特許取得済 「系統管理」 特許第6789525号

干渉検査

建築躯体や配管・ダクト・ラックなどの設備、機器などの干渉検査を行い、干渉箇所のリスト一覧表示ができます。ルートと検査対象の実間隔の離隔設定や、干渉対象物を絞り込んでの検査も可能です。また、他CADで作成された3D建築データとの取り合いも確認ができます。

干渉リストと図面・CGは連動するため、相互に情報を確認しながら修正できます。


※特許取得済 「干渉チェック」 特許第4959518号

拾い集計

空調・衛生・電気の拾い集計に標準対応しています。
集計表は自由にカスタマイズして、用途別・材料別などの目的にあわせて作成可能。
配管長さやダクトの面積、継手の個数などを自動集計し、集計結果をExcelに出力します。

 

スリーブ

配管の用途、サイズに合わせてスリーブを自動挿入します。
配管やダクトに加え、電線管やケーブルなどにもスリーブの自動挿入が可能。レブロの建築データだけでなく、他CADで作成された3D建築データに対しても挿入できます。
スリーブと連動した配管・ダクトの移動にも対応しています。
また、ナンバリングやスリーブリストをExcel、設備梁貫通孔連携中間ファイルに出力可能です。

サイズの設定に合わせてスリーブを自動挿入します。

配管やダクトの保温の有無、呼び径に応じたスリーブのサイズを自由に設定できます。

部材・機器の検索機能

レブロの部材や機器の属性情報(メーカー名や材質など)をキーにして検索し、図面内に配置されている部材の場所を拡大表示します。
キーワードを入力することで、ウェブ検索のように結果を一覧表示できます。

検索結果をクリックすると、画面はその部材の位置まで自動的にスクロールし、 検索対象の部材を丸で囲んで引出し線で表示します。

 

機器情報の管理(ハイパーリンク)

CGウィンドウでは、モデル内に含まれるすべての機器をツリー表示します。ツリー内の機器を選択すると、 その機器が配置されている位置まで自動的に視点が移動します。
また、フロアごとにその機器の台数をカウントし、一覧表で表示しますので、機器台数の把握も容易に行えます。
機器のプロパティ表示により、機器の型番や能力などの属性を確認できるのはもちろんのこと、 ハイパーリンクを設定することで、能力線図や点検記録などの図面の外部にあるファイルと関連付けて、情報を一元管理することができます。