Q. [スリーブの自動挿入]で干渉している箇所にスリーブが入らない

A1. 指定したスリーブサイズが対象からはみ出る

A2. 自動挿入する対象から外れている

A3. 干渉検査で除外リストに入れている

A4. スリーブが非表示になっている

 

A1 指定したスリーブサイズが対象からはみ出る

ルートが躯体をかすめる時やルートが躯体に納まっていても設定したスリーブサイズが取れない時、
干渉箇所であってもスリーブは入りません。

 

A2 自動挿入する対象から外れている

[スリーブの自動挿入]コマンドで[開始する]の横の[▼]をクリックします。
スリーブを自動挿入する対象の絞り込みと、スリーブの種類を設定します。対象から外れていたり、種類が設定されていないとスリーブは入りません。

自動挿入する対象を確認し、挿入する躯体のチェックを入れます。ドロップダウンで挿入するスリーブの種類を選択します。
ここで選択した内容はスリーブの名称記入、スリーブリストの出力でも使用されます。

 

A3 干渉検査で除外リストに入れている

[干渉検査]コマンドで[除外リスト]に入れた箇所は自動挿入の対象から外れます。
除外リストから干渉項目を選択し、[戻す]をクリックします。

 

A4 スリーブが非表示になっている

スリーブが非表示になっていると[スリーブの自動挿入]コマンドを行ってもスリーブは表示されません。
[レイヤー一覧]でスリーブのレイヤーを「表示」に変更してください。

 

POINT

[自動スリーブ]コマンドでスリーブが入る対象要素
・配管
・冷媒管
・配管(ベンド配管)
・ダクト
・換気用配管
・スパイラルダクト
・フレキシブルダクト
・短管(外フランジ)
・ケーブルラック
・レースウェイ
・ケーブルダクト
・バスダクト
・電線管
・ケーブル

 

PDFダウンロード