Q. 設計モードの単線のエルボを掃除口付きにしたい

A1. 作図時にコンテキストメニューで変更します

A2. 作図後にエルボを選択してコンテキストメニューで変更します

[設計モード]で、単線のエルボを掃除口付きの記号に変更できます。
掃除口付きの記号は用途が汚水・雑排水・ドレン(空調)・ドレン(消火)で、掃除口を持つ材料がレイヤーに割り当てられている場合に変更できます。

 

▼A1 作図時にコンテキストメニューで変更します

作図時にエルボを変更する場合は、エルボが表示されたところで、右クリックのコンテキストメニューを開きます。
[継手の変更]で掃除口付きの記号を選択します。

 

補足説明

[施工モード]の場合も、コンテキストメニューの[継手の変更]で掃除口付きのエルボを選択し作図ができます。
操作方法は、FAQ「継手タイプを変更するには」を参照してください。

 

エルボが掃除口付きの記号で作図できます。

 

補足説明

掃除口付きの記号に変更するとレイヤーごとに記憶するため、同じレイヤーで作図する場合は次回以降も掃除口付きの記号が表示されます。

 

▼A2 作図後にエルボを選択してコンテキストメニューで変更します

作図後にエルボを変更する場合は、掃除口付きに変更したいエルボを選択します。
右クリックのコンテキストメニューより[掃除口を付ける]をクリックします。

エルボが掃除口付きの記号に変更されます。

 

補足説明

掃除口付きの記号をエルボに変更する場合は、コンテキストメニューより[掃除口を消す]をクリックします。

 

 

PDFダウンロード