Q. シーンの背景に全天球画像を設定したい

A. [全天球画像]タブから画像を設定します

シーンの[全天球画像]タブで画像を設定すると、CG画面の背景を全天球画像で表示することができます。
CG画面の視点が、全天球画像を撮影したカメラの位置になるようにCGを表示します。

 

[図形]タブ-[矩形]などでカメラの位置に目印を作図します。

 

[表示]タブ-[視点指定]をクリックします。

視点がカメラの位置になるように指定します。

 

補足説明

CGの視点角度は、リボンの[視点方向]で指定できます。

 

視点の高さを全天球画像を撮影したカメラの高さに合わせます。
CG画面の[高さ]から高さを指定します。

 

[シーン]をクリックし、[シーンの追加]をクリックします。

 

[全天球画像]タブに切り替え、[選択]をクリックします。
背景にする全天球画像を選択し、[開く]をクリックします。

 

補足説明

全天球画像として表示できるのは、エクイレクタングラー形式で作成された 360°パノラマ画像です。対応するファイル形式は、*.bmp、*.jpg、*.png ファイルです。

 

読み込んだ画像の位置を調整します。
[回転][傾き][平行移動]で図面の位置と合わせます。

 

 [編集を終了する]をクリックします。

シーンの背景に全天球画像が設定できます。

 

補足説明

全天球画像を設定したシーンを表示させ、左ドラッグで視点を旋回した際には、画像を360°方向で確認すること
が可能です。

右ドラッグの旋回や視点の位置が変わった場合は、画像が非表示になります。再度表示したい場合は、シーンパネ
ルから登録したシーンを選択します。

 

 

PDFダウンロード