「Rebro2021」リリースと新機能のお知らせ

Rebro2021_新機能のスライダー

 

平素より「Rebro」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
2021年3月16日に新バージョンの「Rebro2021」をリリース(予定)いたします。

2021では「防火区画」に対応し、レブロで防火区画を作図したり、Autodesk® Revit®やIFCファイルから躯体の耐火属性をもった建築図面を読み込めるようになりました。

また、お客様の声を取り入れ、「耐震支持」部材や「バスダクト」部材を新しく追加しています。

その他、作図機能や連携機能を強化しました。

 

新機能について、詳しくは紹介ページをご覧ください。

Rebro2021 新機能紹介